銀行口座は「2つ」持つ

あなたは銀行口座をいくつ持っていますか?

1つ?2つ?もちろんたくさんの口座を開設している人もいると思います。

ただ、私の場合は2つの口座に分けています。

「使う口座」と「貯まる口座」の2つです。

使う口座は、給料の振り込み先であり、家賃や保険料、水道光熱費、その他の生活費をストックしておく口座になります。

貯まる口座は、お金がただ貯まっていく一方の口座です。この2つを使い分けることで、お金が自動で貯まっていく仕組みを作っているわけです。

ただし、注意が必要です。お金を貯める習慣がない人は、少しでもお金がたまってくると、ついそこに手をつけてしまいがちになります。

ですので、貯まる口座はカンタンには引き出せないものにしましょう。

例えば勤め先で申し込む住宅資金や老後資金を蓄えるための「財形貯蓄」や民間の金融機関で申し込む「自動積立定期預金」など、すぐにはお金を引き出せない仕組みになっている口座で用意してください。

新たに銀行口座を契約するのは面倒という方には、今持っている口座の中でまったく利用していない口座、いわゆる休眠口座を復活させるのもよいかもしれません。

この際、これらの口座も整理してみてはいかがでしょうか。

そして、貯まる口座のキャッシュカードは持ち歩かない、というのが重要です。

使う口座は次の給料が来るまで残高はどんどん減っていきます。

一方、貯まる口座は給料日を迎えるたびにどんどん増えて行って減ることがありません。

この2つの口座の特性を利用すると、お金はどんどんたまっていくのです。

とにもかくにも、無理なくお金を貯める基本は、「口座は2つ」と覚えておいてくださいね。