貯まる口座に給料の10%を入れる

お金を確実にためるには、自動で貯まる仕組みを作るのが一番手っ取り早いです。

毎月、「使う口座」に振り込まれる給料の一定額が「貯まる口座」に入金されるように設定しておきましょう。

ただそれだけで、あとは勝手にお金が貯まっていくのです。

貯まる口座に自動で入金されれば、あとは「使う口座」に残ったお金でやりくるするだけでかまいません。

無理なくお金がたくさん貯まっている人は、必ずこの方法を実行しているのです。

一方、お金が貯まらない人は、全く逆の事をしています。給料の中から、まず生活に必要なお金を使っていって、その残りを貯金しようとするからです。

それだと、残ったお金を「欲しいもの」「食べたいもの」に使ってしまって、いつのまにかお金はなくなってしまいます。

また、500円玉貯金のようなコツコツ型も、お金が貯まらない典型的なやり方です。

500円玉貯金は、500円が手元にあるときにそれを貯金箱に入れるというものです。

つまり500円玉がないと入れられないので、たまたま財布に入っている時以外は、わざわざ500円を用意しなければなりません。

一見楽そうに思えますが、やってみると結構面倒なので、多くの人が途中で挫折してしまいます。

そこで、楽に貯金するには、「自動積立」が適しています。給料からの天引きや自動引き落としされることで、そのお金はそもそもないものと認識されます。

そうなると、どんな人でも苦しい努力をしないで、いつの間にか貯まっていくのです。

ただ、そこで問題なのは「毎月の引き落とし額」です。

財形貯蓄にしても、自動積立定期預金にしても、千円から設定できるところが多いようです。

個人的には、まずは給料の10%から始めてみる事をおすすめします。

手取りが20万円なら、毎月2万円貯金できて、残り18万円が生活費にあてられます。また、手取りが30万円なら、毎月3万円貯金できて、残り27万円が生活費にあてられる、というぐあいです。

このくらいなら、無理なくスタートできると思います。その後、お金が順調に貯まっていったら、その割合を15%、20%とだんだん上げていきましょう。

ここまでたどり着けば、貯まるスピードはグングン上がって、いつの間にか数十万、数百万になっていることなんて、十分ありうるのです。

まずは自動で貯まる仕組みを作り、実行してみてください。