大学の教科書を高く売るなら

今回は、ネット買取サービスの活用について少し書いてみようと思います。

買取、と聞いて思い浮かべるものはどんなものがあるでしょうか?

例えば、バッグ、洋服、アクセサリー、切手、着物などなど、ちょっと思いつくだけでも結構出てきます。

九州の方では「高山質店」という昔からある質屋さんがすごく業績を伸ばされて、テレビでもしょっちゅうCMが流れています。

あと、代表的なものに、「本」があります。マンガや雑誌なども含まれますが、こちらも街の古本屋さんなどで買い取ってもらう事もできますね。

その代表格に、「ブックオフ」がありますよね。店舗数も全国に多くありますし、「本を売るならブックオフ」というキャッチフレーズでもお馴染みです。

ちなみに、「本を売る」というコピーを最初に使ったのはブックオフさんだとか・・・。さすがうまいですね(笑)

ただ、ブックオフで本を売る場合、問題になるのが「査定方法」です。

ブックオフの場合、どうしても大量に査定を行わなくてはいけない状況もあるのかわからないですが、「発行が新しい本」により高額な査定をする、というルールがあるようです。

もちろん、新しいだけに、その価値はあるというのも納得できますが、果たしてそれだけで、その本の価値を測る事ができるでしょうか?

例えば、すごく人気があって、なかなか手に入らない本。これもすごく価値があると思いますし、発行部数が少ない本や、市場にあまり出回っていない本などについても、すごく価値があると思うんです。

特に、大学の教科書や、専門書の類って、一般的ではないだけにとても貴重だと思います。

そういった本を買い取ってもらう場合、たとえ発行日が古かったとしても、できれば高額な査定をしてもらいたいですよね?

実は、そういった「希少価値」をきちんと判断、査定して高額買取してくれるネットショップがあるんです。

また、そういったサービスを紹介しているサイトがありますので、ご紹介しておきますね。

https://ブックオフ大学教科書.biz/

こちらで紹介されている、専門書アカデミーは、大学の教科書や医学書やプログラミングの本などの専門書の買取を専門に行っているショップで、色んなネットショップの中でも特に高く買い取ってくれるようなんです。

そこで少し気になるのは「書き込み」ですよね。教科書や参考書って、どうしてもマーカーや書き込みをしてしまうため、価値が下がるのでは、買い取ってもらえないのでは。。。といった不安もよぎると思います。

でも、こちらのショップでは、写真にもあるように、かなり書き込んであっても買いとってもらえるようなんですよね。

しかも、振り込みも結構早くしてもらえて、かなり評判も良いようです。

もし、まだ実家に大学の教科書や専門書、参考書が倉庫に眠っている場合は、ぜひ一度無料査定してみられてはいかがでしょうか。