電気代を節約するには

「電気代を節約したい」と思ったら、真っ先に思いつくのは「電気をこまめに消す」というイメージはありませんか?

電気はつけるとお金がかかるわけですから、消せばもちろんお金がかからないのですから、それも当然です。

ところが、実は電気代を節約したいと思ったら、電気はこめめに消すのはNGなんです。

ではdぷすればいいか。

それは契約しているアンペア数を下げて、基本料金を下げましょう。しかも1回の手続きだけで、あとは何もしなくてよいのです。

40アンペアを30アンペアに下げるだけで、基本料金は300円ほど節約できます。

その際気を付けたいのが、消費電力の高いものを同時に使わないことです。例えばドライヤーは12アンペア、アイロンは14アンペア、電子レンジは15アンペアを必要とします。

そこに気を付けてアンペア数を極端に下げなければ、ブレーカーが落ちる心配はありません。

エアコンも部屋が設定温度になるまでが一番電気を使います。冷房を入れると部屋が冷えるまではフル回転ですが、設定温度を維持するのにそれほど電気は使わないのです。

1日に何回もつけたり消したりするより、1日中つけっぱなしのほうが割安な省エネタイプの機能もあります。ハウスメーカーも24時間365日冷暖房システムを採用したりしています。

こまめに消して回ることが苦にならない人は別ですが、家の中にあるすべてのスイッチを消して回るのはとても大変なことです。

例えば60Wの電気を1時間つけっぱなしにしたときの電気代は1.5円程度です(地域や契約によって異なります)。

トイレに行くためにわざわざ部屋の照明を消すと、100円節約するために800回もスイッチを切る必要があるわけです。

そうすることで電気代が大幅に抑えられるならともかく、節約できる金額は微々たるものです。

照明とエアコンだけでもこまめに消すようになると相当な回数になります。それを習慣にするのはとても面倒です。

まめに電気を消したりするより、しばらく使わない電化製品のコンセントを抜いたり、冷暖房の設定温度を変えたりすることで、今より電気代が抑えられます。

さらにアンペアを見直す事がよっぽど効果が高いでしょう。、