水道代を切り詰める節水テクニック

水の無駄遣いを解消しようと、多くの自治体の水道局がさまざまな節水方法を推奨しています。

その代表格が、「節水コマ」と呼ばれるものです。例えば、東京都水道局が勧める節水コマは、「台所・洗面所のように流し洗いをする所では、1分間に最大で約6リットル節水できる」としています。

この節水コマは、水道の蛇口の中に取り付けるものですが、普通のコマに比べてコマの下の部分が大きくなっていて、流れ出す水の量を調節できる仕組みになったいて、蛇口を90度回したときの流水量が普通のコマの半分になります。

多くの水道局が希望者に無料で配布しているほか、ホームセンターなどでも100円程度で入手可能です。

ですが、節水コマをつければ全水道代が半額になるというわけではありません。例えば蛇口を全開にすると流水量は同じになり、節水効果はなくなってしまいますし、一定の水を貯める必要があある場合、節水コマをつけ90度に開いても、当然ながら水道料金は変化しません。

節水コマを使っても、水がたまるスピードが遅くなるだけで、最終的には一定の水を貯めなければならないからです。とはいえ、いずれにしても家族全体で使う水量はかなりのものです。節水コマをつけ、蛇口90度を励行すれば、確実に水道代の節約に結び付けることが可能になります。