貯まる口座に給料の10%を入れる

お金を確実にためるには、自動で貯まる仕組みを作るのが一番手っ取り早いです。

毎月、「使う口座」に振り込まれる給料の一定額が「貯まる口座」に入金されるように設定しておきましょう。

ただそれだけで、あとは勝手にお金が貯まっていくのです。

貯まる口座に自動で入金されれば、あとは「使う口座」に残ったお金でやりくるするだけでかまいません。

無理なくお金がたくさん貯まっている人は、必ずこの方法を実行しているのです。

一方、お金が貯まらない人は、全く逆の事をしています。給料の中から、まず生活に必要なお金を使っていって、その残りを貯金しようとするからです。

それだと、残ったお金を「欲しいもの」「食べたいもの」に使ってしまって、いつのまにかお金はなくなってしまいます。

また、500円玉貯金のようなコツコツ型も、お金が貯まらない典型的なやり方です。

500円玉貯金は、500円が手元にあるときにそれを貯金箱に入れるというものです。

つまり500円玉がないと入れられないので、たまたま財布に入っている時以外は、わざわざ500円を用意しなければなりません。

一見楽そうに思えますが、やってみると結構面倒なので、多くの人が途中で挫折してしまいます。

そこで、楽に貯金するには、「自動積立」が適しています。給料からの天引きや自動引き落としされることで、そのお金はそもそもないものと認識されます。

そうなると、どんな人でも苦しい努力をしないで、いつの間にか貯まっていくのです。

ただ、そこで問題なのは「毎月の引き落とし額」です。

財形貯蓄にしても、自動積立定期預金にしても、千円から設定できるところが多いようです。

個人的には、まずは給料の10%から始めてみる事をおすすめします。

手取りが20万円なら、毎月2万円貯金できて、残り18万円が生活費にあてられます。また、手取りが30万円なら、毎月3万円貯金できて、残り27万円が生活費にあてられる、というぐあいです。

このくらいなら、無理なくスタートできると思います。その後、お金が順調に貯まっていったら、その割合を15%、20%とだんだん上げていきましょう。

ここまでたどり着けば、貯まるスピードはグングン上がって、いつの間にか数十万、数百万になっていることなんて、十分ありうるのです。

まずは自動で貯まる仕組みを作り、実行してみてください。

銀行口座は「2つ」持つ

あなたは銀行口座をいくつ持っていますか?

1つ?2つ?もちろんたくさんの口座を開設している人もいると思います。

ただ、私の場合は2つの口座に分けています。

「使う口座」と「貯まる口座」の2つです。

使う口座は、給料の振り込み先であり、家賃や保険料、水道光熱費、その他の生活費をストックしておく口座になります。

貯まる口座は、お金がただ貯まっていく一方の口座です。この2つを使い分けることで、お金が自動で貯まっていく仕組みを作っているわけです。

ただし、注意が必要です。お金を貯める習慣がない人は、少しでもお金がたまってくると、ついそこに手をつけてしまいがちになります。

ですので、貯まる口座はカンタンには引き出せないものにしましょう。

例えば勤め先で申し込む住宅資金や老後資金を蓄えるための「財形貯蓄」や民間の金融機関で申し込む「自動積立定期預金」など、すぐにはお金を引き出せない仕組みになっている口座で用意してください。

新たに銀行口座を契約するのは面倒という方には、今持っている口座の中でまったく利用していない口座、いわゆる休眠口座を復活させるのもよいかもしれません。

この際、これらの口座も整理してみてはいかがでしょうか。

そして、貯まる口座のキャッシュカードは持ち歩かない、というのが重要です。

使う口座は次の給料が来るまで残高はどんどん減っていきます。

一方、貯まる口座は給料日を迎えるたびにどんどん増えて行って減ることがありません。

この2つの口座の特性を利用すると、お金はどんどんたまっていくのです。

とにもかくにも、無理なくお金を貯める基本は、「口座は2つ」と覚えておいてくださいね。

「ポイント〇倍セール」に惑わされないで

スーパーやショッピングモールでありがちな「〇日、〇〇日はポイント〇倍セール」といったセール。
例えば1円の買い物につき1ポイントが加算され、100ポイントにつき5円を現金還元する、といったパターンで、決まった曜日には2~5倍のポイントをつけてくれる、といったもの。

ですが、たとえ5倍のポイントがついたとしても、1000円の買い物で5000ポイント、実は50円の現金還元にしかなりません。
本当に必要な買い物であればそれでもOKですが、「ポイント5倍だからこれも買っちゃおう」では、ポイントで積み立てた現金分は簡単に吹き飛んでしまいます。「ポイント〇倍」に惑わされず、本当に必要なものだけをよく考えてから買うように心がけたいものです。

また、買い物したものが重いからといってショッピングカートを使っていませんか?
カートを使うと重さが実感できないため、ついたくさん買い込んでしまいがちになります。

もちろん、重量と値段が比例するわけではないですが、「重くなってきたな」と思ったら、自然とカゴに入れるものを厳選するようになるものです。カゴは手に持って、持てる分だけ買う、という事をするだけで、無駄な出費を避ける事ができるようになるので、試してみませんか?

「お値打ち価格」に要注意!?

同じ品物ならより安く、というのは主婦のモットー。でも中には気を付けなければならないケースも増えてきています。
例えば、よくある「お値打ち価格」などと銘打たれた商品がそうです。

同じ商品でも、150g入りのパッケージと200g入りのパッケージにして、150g入りを280円、200g入りを350円で売っていたりします。
そして150g入りを「お値打ち価格」とされていると、ついつい安い、と錯覚してしまうのです。

よくよく考えてみると、前者は1gあたり1.86円なのに対し、後者は1.75円だから、明らかに後者のほうが安いのです。
メーカー側としたら、パッケージする経費はどちらも同じだけかかっているのですから、前者のほうが「お値打ち価格」ということなのでしょうけど、消費者としては当然グラム当たりの価格が安い方がお得なのです。

それだけに、パッケージに記載されている内容量(正味)を必ず確認して、グラム単位で値段を判断しないと、もっと安い品があることに気付かないこともあります。
むやみに「お値打ち価格」「セール品」「〇〇特価」などのキャッチコピーに惑わされず、しっかり計算して購入することが大切です。

プライベートブランドはお買い得

今ではすっかりその種類も数も増え、消費者にもローコスト商品として認識も定着した感のあるプライベートブランド。

プライベートブランドとは、販売店が勢増メーカーと共同開発し、販売店のブランド名で提供する商品の事です。

例えば、イオン系列の「トップバリュ」や、セブン&アイホールディングスの「セブンプレミアム」、西友の「みなさまのお墨付き」などがあり、生鮮食品から日用品に至るまで、さまざまな廉価商品を提供しています。

メーカー、販売業者にしてみれば、安定して大量の商品を売ることができますし、営業や広告の費用などの余計なコストをかけない分、通常の商品価格より2~3割も安く提供できるというわけですね。

にもかかわらず、食品メーカーの品と比べても味に全く遜色はありません。

というより、やはり近年ではますます開発や研究にも力を入れており、ともすれば食品メーカーを上回るクオリティを提供するプライベートブランドも珍しくなくなってきています。